Technology

技術を知る

動画で分かるADVICSの技術

2019年公開予定

技術をきわめる社員たち

※部署名や役職名などは、取材当時のものです。

モータースポーツ

体にズッシリと響くエンジンの轟音。手に汗を握る首位争い——。モータースポーツは、今なお多くの人びとを魅了し続けています。アドヴィックスは、地方選手権の「FIA-F4」、市販車ベースの「スーパー耐久レース」「GAZOO ワンメイクレース」他、さまざまなレースに、キャリパやディスクローター、パッドなどブレーキのキーパーツを供給。モータースポーツとの関わりを深めています。キーパーツの開発にあたるのは、摩擦材の開発を手がける「フリクションマテリアル開発部」のエンジニアたち。社員有志による活動とは異なり、業務としてレーシングチームをサポートする部署がアドヴィックスにはあります。

READ MORE

ラリー

サーキットを走るレースと違い、公道(主に林道)で速さを競うラリー競技。最近は、女性の間でも人気が広がっています。アドヴィックスでは、社員有志が集まって2016年に「ラリーチーム」を結成。
「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ」に参戦し、2017年には、第9戦/福島ラウンドの「C-3クラス」で初優勝を飾りました。ラリーチームに集った有志は多種多様。大学の自動車部でテクニックを磨いたドライバーがいれば、学生時代にデザインや動画づくりに没頭していた者もいます。やりたいことを夢中でやるために集まった仲間たち。仕事に活かしながら好きなことを続けられるチャンスがここにはあります。

READ MORE

ロボコン

「ETロボコン」は、2002年に始まった組込みソフト技術者育成のためのロボットコンテスト(社団法人組込みシステム技術協会主催)。
IoTやクルマの電動化が進み、ソフトウェア技術の重要性が高まる中、アドヴィックスは若手エンジニア育成をめざして2006年大会から参戦。過去4回の総合優勝を誇るなど強豪として知られています。2017年大会は、「デベロッパー部門アドバンストクラス」で「競技部門(実走競技)」と「モデル審査部門(設計審査)」をともに制して総合優勝。“2種目制覇”の完全勝利は、アドヴィックスにとって初の快挙です。栄冠を手にしたのは、20代を中心とする若手主体のチーム。その熱い闘いを振り返ります。

READ MORE