社員紹介

実車評価のプロフェッショナル集団。学生時代からオートバイやクルマが大好きだった。2008年からスタートしたアドヴィックス新卒採用の1期生。「これまでにない新しい機能とうれしさを搭載したブレーキシステムをつくりたい。」と入社を決めた。大山は、実車評価のプロフェッショナルを目指す。

大山敏夫 信頼性技術部 2008年入社 工学部 交通機械工学科卒

仕事風景

プライベート

Section.01 アドヴィックスには、将来の可能性が広がっている

私が卒業した学部は、工学部の交通機械工学科です。機械系の知識習得をベースに、自動車に関するさまざまな知識を学びました。もちろん、就職は自動車業界を第一に考えていました。ただ、カーメーカーでは仕事の幅が広すぎて、自分がどんな仕事をするのか、具体的なイメージが持てませんでした。それよりも、専門的な製品を開発しているサプライヤーで、学んできた知識を活かして開発に携わることができたらと考えていました。アドヴィックスを選んだ理由は、アイシン精機、デンソー、住友電気工業のブレーキ事業を統合して誕生した新しい会社であること、新卒採用を始めたばかりであり、若い人材に大きな期待を寄せていることなど、将来の可能性が広がっている会社だと思ったからです。

Section.02 その国の人たちは、どんなブレーキを求めているのか。

入社後は、希望通り信頼性技術部に配属されました。信頼性技術部は、ユーザーの満足度とクルマの使われ方を考慮した実車評価、現象解析、性能監査を通じて製品の競争力向上を推進する部署です。開発されたブレーキシステムに問題点はないか、ユーザーが安心・満足できる性能かを、実車を使って評価していきます。車は世界中で使われますが、気候も違えば、道路事情も違い、ブレーキに対する要求も違う……そうした「市場の違い」を把握した上で、適切な開発・評価をしていかなければなりません。実際に世界各国へ実車を持ち込み、各種データを採取・解析し、さらに海外の環境を再現した日本のテストコースでも評価を行い、開発に繋げています。「その国の人たちは、どんなブレーキを求めているのか」を追求し、世界各国のユーザーに高い性能と安全性を持つブレーキを提供するために、信頼性技術部のエンジニアたちは、膨大なデータと向き合い、世界一のブレーキシステムづくりに挑んでいます。

Section.03 ブレーキを通して、乗る楽しみと、命を守る技術を。

ブレーキは、クルマの三大要素である「走る」「曲がる」「止まる」のいずれにも深く関わるように進化を遂げています。例えば、ABS(アンチロック・ブレーキシステム)やESC(横滑り防止装置)等の普及により、雪道や凍結路でも安心して車を運転することができるようになってきました。また、衝突回避などの制御システムも進歩し、交通事故死ゼロを目指すことも、もはや夢ではなく、具体的な目標となりつつあります。「ブレーキ制御技術で衝突を回避することが実現できれば、命を守ることにつながり、それはクルマに乗る楽しみを増やすことにもつながっていきます。これからも「実車評価のプロフェッショナル」という自覚を持って、世界最高性能のブレーキづくりに全力を傾けていきたいと思っています。

社員一覧

技術職

  • 信頼性技術部 大山敏夫
  • 研究開発部 江村尚美
  • アクチュエーション技術部 石川健太
  • ファウンデーション技術部 中嶋純一
  • ブレーキシステム技術部 加藤耕大
  • 品質保証部 島貫達也
  • 制御第4技術部 橋本陽介

事務職

  • 営業 川崎智士
  • 人事総務部 東野純也