THE WORLD OF ZERO それは人類の命題か?我々の使命か? ゼロの世界を目指して

去年1年間に、300万人が交通事故で亡くなっている。特にアフリカや東南アジアでは、経済の発展と引き換えに膨大な数の命が消えた。 車道と歩道の区別もない道で、小さな子どもたちは、今日もトラックとすれ違っている。 交通インフラの整備や道路管理が遅れている国々では、ブレーキシステムなどクルマ自体の安全技術が大きな役割と責任を担っている。 我々の仕事は、常に人の命と直結しているのだ。21世紀に入り、ハイブリッド車や電気自動車が急増すると、ブレーキシステムには、止まる際のエネルギーを回収し、進む力として再利用する技術が生まれた。 これからの安全技術は、安全に止まるだけでなく、環境問題にもストップをかけられるのかもしれない。 人命。 環境。 エネルギー。止まる技術で、世界は動かせる。 さあ、新たな開発に没頭しよう。周りが見えなくなるほどのめり込もう。 世界には、あなたが生み出す技術を待っている人がいるのだから。
  • 未来予想図 FUTURE

  • グローバルリーダー GLOBAL LEADER

  • 安全技術において世界をリードし、交通事故ゼロを目指します。 ゼロの世界を目指して THE WORLD OF ZERO